本業より稼げる副業・トップ ≫ ネットビジネス成功法 ≫ 即金ネットビジネスは本当に存在するのか

即金ネットビジネスは本当に存在するのか

ネット上では実にたくさんの「即金」を銘打ったノウハウが存在していますが、本当の意味での「即金」は少ないか、ほとんどが似たり寄ったりの方法でしかありません。 もともと知られているビジネスモデルをちょっと自己流にアレンジして、それを「即金」と名付けているだけのものも少なくないのが現状です。

では、実際に即金で稼げるネットビジネスがあるのかというと、確かにあります。 しかし、それはビジネスモデルの問題というより、支払い方法(入金方法)やマーケティング手法による部分が大きいと言ったほうが正しいかもしれません。

即金が可能となる2つの条件

まず、「即金」と言う場合、実際に現金が入るものを指すのか、単に報酬が発生すればいいのかによって種類が分かれます。

たとえば、すぐに売上があっても、支払い方法がクレジット決済ならば、実際に入金されるのは1〜2ヶ月先になってしまいます。 逆に、支払い方法が銀行振込ならば、先方のトラブルやキャンセルがなければ、たいてい1週間以内には振り込まれるはずです。 また、同じ商材を販売するとしても、マーケティング手法がSEOやメルマガによるものなら、売上があがるまでに少々時間を要するかもしれません。 逆に、マーケティング手法がPPC広告(リスティング広告)やブログによるものなら、すぐにアクセスを誘導できるので、比較的早く売上もあがりやすいでしょう。

同じビジネスモデルでも、支払い方法やマーケティング手法によって、このように大きな違いが生じてしまうのです。 逆に言えば、ほとんどのネットビジネスにおいて、早く売上のあがるマーケティング手法で、かつ銀行振込による支払い方法を選べば、「即金」が可能となるということになります。

こうした前提条件はあるものの、これだけでは具体的な即金ネットビジネスの紹介にはなりませんので、即金を実現しやすいネットビジネスを幾つかご紹介します。

具体的な即金ネットビジネス

即金ネットビジネスの代表は、なんといっても「オークション」です。 出品したものがすぐに落札され、すぐに入金されれば、最短2〜3日程度で現金が手に入ります。 この場合も、支払い方法がカード決済ならば1ヶ月ほどはロスしてしまいますが、銀行振込ならば、まさに即金が可能となります。

実際に入金されるまでには時間がかかりますが、早く報酬を得やすいのは「アフィリエイト」です。 アフィリエイトは、ネットビジネス・ネット副業の代表的な手法ですし、ネットビジネス初心者でも取り組みやすい、手軽に稼げる手段としてご存知の方も多いと思います。 アフィリエイトは、自分のサイト・ブログ・メルマガなどに広告をはって、その広告経由で売上が発生すれば報酬を得られる仕組みです。 特にブログを使えば、広告の設置などすぐに済みますし、開設したその日からアクセスが来ますので、あとはアクセスを増やして、早く購入してもらえるように誘導するだけです。

通常のアフィリエイトは、自分で設置した広告を他人に踏んでもらうという方法ですが、実は、もっと早く報酬を得られるアフィリエイトがあります。 それは「自己アフィリ」という手法で、別名「セルフパック」とも呼ばれます。 これはその名の通り、自分で行うアフィリエイトであり、自分の広告を使って、自分で申込や購入を行うことで報酬を得る方法です。 ただし、これはあらかじめ自己アフィリが許可されているものに限られますので注意してください。 これなら他人が行動を起こしてくれるのを待つ必要がありませんので、すぐに報酬を獲得することができます。

自己アフィリと近いタイプの即金ネットビジネスがあるのですが、それは「ポイントサービス」による手法です。 これはどちらかというと、ネットビジネスというより、ちょっとした小遣い稼ぎという感覚で利用されることが多いのですが、意外にも報酬単価が高いコンテンツがたくさんあり、十分に稼ぐことのできるサービスです。 アフィリエイトのように、購入や申込など何らかのアクションを起こすことで報酬を得ることができます。 また、懸賞やゲームなどのコンテンツが用意されていることもあり、楽しみながら稼ぐことのできる方法です。

即金が可能な別のネットビジネスは、「情報起業(情報販売)」などの、自分で何かを販売する方法です。 情報起業の場合は、あらかじめ売る商材があるという前提での話になりますが、情報商材・教材を扱う場合でも、物を扱う場合でも、何らかのサービスを扱う場合でも、「すぐにアクセスを呼び込めるマーケティング手法」と「すぐに入金される支払い方法(銀行振込)」の2つの条件を満たせば、即金を実現することができます。

即金ネットビジネスを行いたいという場合は、是非ここで挙げた方法や、上記の2つの条件を参考に取り組んでみてください。

具体的な起業法・稼ぎ方