本業より稼げる副業・トップ ≫ ネットビジネス成功法 ≫ 時間を確保する実践的な方法

時間を確保する実践的な方法

ビジネスの成功と、自分の目標や収入の実現は、まずそのための時間の確保からはじまるといっても過言ではないでしょう。 これからはじめてネットビジネスに取り組む人も、時間の調整がうまくできずに悩んでいる人も、具体的なチェックポイントや改善方法が分かれば対処しやすいはずです。

時間はすべての人に平等に与えられており、すべての人が同じ条件下にあります。 そうした状況の中で、なんとかビジネスのための時間を確保したいという場合、考えられる対処法は大きく3通りあります。 今の自分がどういうライフスタイル・行動パターンをしているか、どんな問題を抱えているか、現状を冷静に自己分析しながらご覧ください。

1.細かい時間をかき集める

「忙しい」「やることが多い」とは言っても、1日中、分単位・秒単位でスケジュールが完璧に埋まっていて、1ミリの隙間もない、という人は基本的にいません。 ちょっとした空き時間や待ち時間、ながらで勉強や作業ができる時間というのは、意外に多いものです。

通勤時間や移動時間だけでも、平均的な人で、おそらく30分〜1時間くらい確保できるのではないでしょうか。 その時間で本を読んだり、音声を聞いたり、思いついたことをメモするくらいのことは余裕でできるはずです。 それ以外にも、食事の時間や風呂に入っている時間、ちょっとした合間の時間など、自分のライフスタイルや行動パターンをよくよく振り返ってみれば、有効利用できる時間が必ず見つかるはずです。 それ自体はほんの短い時間でも、かき集めれば、1ヶ月・1年単位でみれば、相当な時間になるはずです。

仮に、かき集められたのが30分ほどだとしても、その中で毎日必ず作業をすれば着実に前進しますし、トータルで見ればかなり大きな時間になるはずです。 少ない時間でも、継続して取り組めば、思った以上にたくさんのことができるのだ、ということに気付くでしょう。 まさに「継続は力なり」です。 これは大きな変化や努力をせずに実践できることですし、まず取り組むべき基本的なポイントといえます。

2.他のことをやめて時間を買い取る

簡単に言えば、「大事ではないことをやめて、その時間を大事なことのために充てる」ということです。 1つ目で取り上げたように、空いている時間や細切れの時間を有効活用する、ということも重要ですが、ときには「大事ではないことはやめる!」という思い切った処置も必要です。
1日の時間が限られている以上、その貴重な時間をどう使うか、まず何から行うべきか、きちんと自己管理をしなければなりません。 自分の行動計画に優先順位をつけて、優先順位の低いものは後回しにするか、予定から外すというふうにするのです。

たとえば、テレビや動画を見たり、酒を飲んだり、ネットサーフィンをしたりなど、時間をムダにしてしまっていることはないでしょうか。 人間というのは意識していないと、「今日はいいか」「少しくらいいいか」と、ついのんびりダラダラしてしまうものです。。 また、夜寝る前や朝早く起きて、その1時間で作業を進める、といったやり方もあります。

「時は金なり」という格言がありますが、ビジネスの世界では特にそうです。 時間を確保して、いかに生産性を高めるかが生死の別れとなるのです。 人間なら誰しも「ちょっと息抜きしたい」「ちょっとあれもしたい」といった気分になることは確かにありますし、自分のモチベーションやパフォーマンスをコントロールするのは確かに大変なことです。 しかし、そうした気分に流されていては、いつまで経っても状況を変えることはできませんし、少しも稼げるようになりません。

3.作業の能率をあげる

まず作業面では、短い時間の中でも、より多くの作業をこなせるようになれば、その分早く成果を出せるようになります。 たとえば、1週間で1つのサイトを作れる人と、同じく1週間で5つのサイトを作れる人とでは、どちらのほうが早く目標を達成できるか、より多くの利益をあげられるか、言うまでもありません。

作業のスピードや効率を高めることで、仕事の「質」と「濃度」を高くするのです。 これは自分自身のスキルアップによって達成可能なことですし、そうできれば結果的に自分が楽になりますので、これは非常に現実的かつ絶対に押さえなければならないポイントと言えます。

また、環境面では、パソコンのスペックやネットの回線速度を上げる、ディスプレイをもう1つ買ってマルチモニターにする、持ち運び用のパソコンを用意する、といった方法があります。 これらも実際に試してみると、驚くほどの効果がある方法です。 というより、これらはネットビジネスをする上では、もはや当然・常識となっている事柄です。 効率を上げ、成果を出すためには、こうした自己投資や改善が必要であるということを是非意識なさってください。

時間確保のさらに重要なポイント

以上、時間を確保するための実際的な3つのポイントを取り上げました。

人間というのは、どうしても弱い生き物です。 ともすると、自分の体調や気分、周囲からの誘惑や影響に、簡単に流されてしまいます。 特に「忙しい」「疲れた」というのは、とても便利な言い訳の代表です。 そのことに対して、他人はどうこう言うことができませんし、自分で自分を納得させることもできる便利な言葉です。 しかし、そうやって自分を甘やかしたり、自分で自分を騙すようなことをしていては、いつまで経っても状況は変わりませんし、収入も増えません。

この点で客観的に判断するには、一度、自分の1日もしくは1週間の生活を紙に書き出してみるといいでしょう。 自分がどういう時間の使い方をしているか、冷静かつ客観的に把握するのです。 できるだけ細かく、正確に、分単位で書き出してみてください。 自分が思っている以上に、有効活用できる時間やムダにしている時間が多いと、きっと驚くはずです。

そして、自分の時間の使い方を客観的に把握したなら、これからどういう時間の使い方をしていくべきか、どのようにビジネスを進めていくか、「自分の計画表」「自分のルール」を作りましょう。

  • ●長期的な目標 … 最終目標、おおまかな方向性。いつまでに何を達成したいか、など
  • ●中期的な目標 … 1〜3ヶ月先くらいまでの目標。最終目標を達成するために何をするのか
  • ●短期的な目標 … 1日〜1週間ごとの具体的な行動計画。今日・今週は何をするのか、どの時間で何をするのか

こうした仕方で目標と計画を明確にし、取り組んでいってください。 いつまでに何をするのか、何日の何時に何をするのか、といったことをあらかじめ決めておけば、あとはその計画に従うだけですから楽なはずです。 ここまですれば、あとはその計画通りにやるかどうか、どのくらいの効率・スピードで作業をこなせるかだけです。

また、「自分のルール」としては、たとえば、「その日の作業が終わるまでは酒を飲まない」「作業中はテレビなど気の散るものをすべて消す」「毎日、午前1時までは作業をする」「朝1時間早く起きて作業をする」といったようなことです。 ダレてしまわないように、必ず作業を進められるように、まずは自分なりのルールを作って、それを絶対に守ることからはじめるのが一番早いかもしれません。 「作業しなくちゃ」となんとなく思っているより、「絶対にルールは守る!」と心に誓うことで、自ずと作業に取り組むようになるはずです。

ビジネスの成功に限らず、一度しかない自分の人生を楽しく、有意義なものにしたいなら、こうしたセルフマネジメント・セルフコントロールは絶対に欠かせません。

そして、何よりも重要な点として、「本気でビジネスに取り組もうと思っているなら、なんとかしてでも時間を確保しようとするものだ」ということを是非忘れないでください。 言われなくても、ルールを作らなくても、本気ならば無意識のうちになんとかしようとするのが人間なのです。
人は最終的に感情で動く生き物ですので、結局は「自分の気持ちしだい」なのです。 計画表やルールは、あくまでも補助的な役割に過ぎません。 最終的に大事なのは、自分の意思、自分の気持ちです。

具体的な起業法・稼ぎ方