本業より稼げる副業・トップ ≫ 情報起業(情報販売)で稼ぐ ≫ セールスレターのメンテナンス

セールスレターのメンテナンス

長文を書き終え、自分としても納得のいくセールスレターができあがると、ついホッとして休んでしまいたくなりますが、一度書き上げただけでセールスレターが完成するわけではありません。 十分な成約率を取れるようになるまで、テストを重ね、検証していくプロセスが必要となります。
一度でうまくいくのは本当にベテランのコピーライターくらいです。 とは言っても、ベテランのコピーライターでも毎回一度で決まるわけではありません。 大抵は何度も何度もテストを繰り返すことで、合格点を出せるセールスレターに仕上がるのです。

ただ、テストもやみくもに、がむしゃらにやればいいのではなく、きちんと狙いを定めて行う必要があります。 特に守らなければならないのは、「1度に変更するのは1ヶ所だけ」というルールです。 1度に複数箇所を変えてしまうと、どこが原因の箇所なのか分からなくなってしまうのです。 そして、変更箇所が分かったときにも、どういった理由があって成約率が上がったのか・下がったのかを、よく分析する習慣と意識を持つ必要があります。
こうした経験を積んでいくことで、セールスレターのコツをつかみ、プロのコピーライターへと上達していくことができます。

セールスレターの平均成約率は、新規アクセスの場合、大体1〜3%ほどと言われています。 現在では1%でも良いほうだと言われることもあります。 しかし、情報起業の場合は、ほとんどがメルマガ経由でのアクセスとなりますから、少なくとも5〜10%は目指したいところです。 優秀なセールスレターならば30%ほどに達することもあり、中には50%を超えるものまであります。

是非こうしたポイントを踏まえて、セールスレターのテスト・メンテナンスを実施していってください。 長文のセールスレターを書き上げるだけでも大変な作業で、その上こうしたテストをするのは非常に骨の折れることですが、しかし、コピーライティングスキルは自分の一生の財産となります。 一度、成約率の高いセールスレターを完成させてしまえば、あとはひたすらアクセスを集めるだけで、どんどん利益を生み出してくれる資産となります。 ですので、目標ラインに達するまで、是非あきらめずにとことん追求していってください。

具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー