本業より稼げる副業・トップ ≫ 情報起業(情報販売)で稼ぐ ≫ メルマガ読者を増やす方法−中級編

メルマガ読者を増やす方法−中級編

ここで紹介するメルマガ読者を増やす方法は、「中級編」としているように、手間やコストが多少余分にかかる方法です。 しかし、ネットビジネス初心者でも決してできない方法ではありませんし、ある程度のスキルと予算があればすぐに実践できます。 余分の手間やコストはかかりますが、それ以上の効果が期待できる方法ですので、本気でビジネスに取り組もうと考えているなら是非試してみてください。

サブメルマガを運営する

作業量は増えますが、かなり大きな威力を発揮するのが「メルマガの複数運営」という手法です。 メインメルマガとは別に、メインメルマガを増やすためのサブメルマガを発行するのです。
まずはとにかくサブメルマガを大きくし、サブメルマガ内でメインメルマガについての告知をし、自主的に登録してもらいます。 もしくは時折、無料レポートをプレゼントしたり、商材を売ったり、アフィリエイトしたりするタイミングでメインメルマガに移ってもらうのです。
つまり、まずはサブメルマガを大きくし、サブメルマガ内で何らかのオーディションをかけ、レスポンスのあった意欲の高い読者にだけメインメルマガに移ってもらうという方式です。

無料か有料かを問わず、メルマガを増やす方法はいろいろありますが、読者が増えても属性や意欲はどうなのかと、その「質」が気になることがあります。 メルマガを運営する上で、読者を増やすことも重要ですが、それよりさらに重要なのは「質」です。 質の低い巨大なメルマガを運営しても、反応がない、売上も全然上がらないという結末になるのがオチです。 10人からしか反応のない1万部のメルマガか、500人が反応する1000部のメルマガか、どちらが良いのか言うまでもないでしょう。 そうした事態に陥らないために、つまり、メインメルマガの質を落とさないために、数を増やすことだけを目的としたサブメルマガを運営するのです。

さらに、サブメルマガも複数運営することで、自分が取り組んでいるメインテーマだけではなく、さらにセグメントを細かくしたサブテーマごとの、もしくは関連するカテゴリからの読者を集めることもできます。
たとえばダイエットに関するメインメルマガを運営しているなら、美容やエステ、コスメ・メイク、オシャレ・ファッション、さらには恋愛や副収入といったサブテーマ・関連カテゴリに特化したサブメルマガを運営できるかもしれません。 そんなにたくさんメルマガを運営するのは大変だ、そこまでのネタがない、などと思うかもしれませんが、テレビの情報番組や雑誌を見ているだけでも定期的にいろいろなネタが取り上げられますし、インターネット上にも様々なネットマガジンがあります。 そうした手段を使って常にアンテナを張っておけば、ネタに困ることもありませんし、常に最新ネタを届けることもできますので一石二鳥です。 しかも、お金もかかりません。

とは言っても、基本は同一テーマを扱っているのですから、メルマガ同士でまったくネタがかぶってはいけないわけではありません。 その点はあまり固くならなくて大丈夫です。 まったく同一テーマ・同一ネタで、メインメルマガとサブメルマガを運営してもいいのです。
重要なのは、どうすれば質を落とさずにメルマガを大きくできるかという点です。

広告を打つ

メルマガ読者を増やすために、つまり、ハウスリストを増やすために、どこかからリストを購入するという発想はいたって自然です。 しかし、観察する限り、悪質なサービスを利用し、質の低いリストを購入してしまっている発行者があまりにもたくさんいます。

この手の類の「格安サービス」「リスト販売サービス」は基本的にすべてダメだと思ってください。 特定電子メール法が施行されても、不法取得されるリストは未だにたくさんあります。 それに、そもそも属性が一致しないリストでは効果が半減してしまいます。 見た目の数だけを増やしても、ゼロどころかマイナスから育てるほうがよっぽど大変ですし、訴訟問題に発展したりしては元も子もありません。 アカウントを停止され、メルマガすべてが死んでしまうということにもなりかねません。
常識的観点から見ても、質の問題を考慮しても、ビジネス全体のことを考えても、こうした悪質なサービスを使うことは絶対にしないようにしてほしいものです。

さて、では一体どのような広告を使えばいいのかという話になりますが、大きく4つあります。

  • ●ASPが発行するメルマガ
  • ●メルマガスタンドが発行するメルマガ
  • ●無料レポートスタンドが発行するメルマガ
  • ●実力のある起業家・販売者が運営するメルマガ

基本的にはASP・スタンド関係か、有名起業家のメルマガかということになります。
ASPやスタンドを利用したことのある人ならすでにご存知だと思いますが、いろいろな情報や案内とともに、ときどき広告が配信されてくることがあります。 そして、常に広告の募集がかけられています。 ASP・スタンドの広告が一番最高かとなると決してそうではありませんが、しかし、確実・安全で最も手軽に使える広告媒体の1つと言えます。 他のサービスと比べると若干コストは高めですが、しかし、格安でも悪質なサービスと比べるなら雲泥の差です。
また、有名起業家のメルマガに広告掲載させてもらうこともできますが、この場合は、自分でそのメルマガの内容や人間性を確かめた上で、自分の好みや方向性に合うメルマガを見つけてもらえればいいと思います。

JV・キャンペーン

JVとは「ジョイント・ベンチャー」の略で、つまりは別の販売者と提携することを指します。 複数の販売者同士で力を合わせることで、より大きなマーケティングが可能となったり、手間やコストを軽減できるというメリットがあるのです。 情報起業が普及しはじめた当初にも少し見かけましたが、最近また使われはじめている手法です。

具体的な進め方としては、まずは当然、事前に提携する仲間を見つけ、企画・計画を練っておきます。 そして、とにかく質が高くて切り口の新しい無料商材か、もしくは格安の有料商材を作成します。

切り口・キャッチコピーだけでも十分に引きつけられ、かつ、定価2〜3万円はしてもおかしくないほどクオリティの高い商材を用意し、その上それが無料か破格の料金で提供されている、というキャンペーンを企画するのです。

商材が完成したら、専用の申込フォーム・セールスレターを作成し、あとは広告を打ったり、アフィリエイターさんたちに協力してもらって、一気にハウスリストを集めるのです。 うまくいけば短期間で1〜2万近くのハウスリストを集めることができます。
あとは、その申込者たちにフォローメールを送り、ブランディングしながら、バックエンド商材を販売していくという流れです。 最初にきちんと許可さえ取っておけば、集まったハウスリストはJVを組んだ全員がそれぞれ自分のものにできますので、かなり魅力的なキャンペーンとなります。

もちろん、こうしたキャンペーンは手間とコストが問題にならなければ、自分ひとりでもできます。 とにかく話題を巻き起こすような強烈な企画を練り、広告を打って一気に畳み掛ける、というのが基本戦略です。 もし一人でそこまでの広告費をかけるのが厳しいという場合は、企画さえきちんと練り上げれば、是非一緒にやりたいという販売者が出てくるはずですので、いろいろ探してみてはいかがでしょうか。

是非こうした手法やアイデアを参考に、メルマガ読者が集まる、または大きな収益を生み出せる企画や戦略を練ってみてください。

具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー