本業より稼げる副業・トップ ≫ 情報起業(情報販売)で稼ぐ ≫ メルマガ読者を増やす方法−相互紹介

メルマガ読者を増やす方法−相互紹介

以前から広く使われており、メルマガ読者を増やすもっとも定番の方法の中に「相互紹介」があります。 相互紹介とはその通り、別のメルマガ運営者と、それぞれ自分のメルマガ内で互いのメルマガを紹介・宣伝し合う方法です。 無料レポートの協賛登録や広告による場合などと比べ、すでに関係が築かれているメルマガ発行者自身が紹介してくれるので、より効率的ですし、質を落とさずに読者を増やすことができます。

依頼前に…

当然、内容をまったく知らずに相互紹介を依頼することはないと思いますが、ある程度前から相手のメルマガを購読しておき、質はどの程度なのか、発行者の人柄はどのようなものかといった点を見極めておく必要があります。 健全なビジネスを心がけ、きちんとしたコンテンツを提供しているメルマガと相互紹介しなければ、自分のメルマガの質が下がってしまったり、余計なトラブルを招くことになりかねません。
また、独自配信の場合は、公表されているのでない限り、相手のメルマガの発行部数が分かりませんので、どれほど長く運営されているメルマガなのか、だいたいどのくらいの部数があるのかなどの検討をつけておくといいでしょう。

まず相互紹介する相手を探すところからはじめる場合は、無料レポートスタンドで幾つかの無料レポートを購読してみるのもいいですし、今は至るところで何かしらのキャンペーンが行われていますので、調べていればそうしたものにめぐり合えると思います。 また、有名な起業家・販売者のメルマガを購読していれば、ときおり広告やお知らせが送られてきますので、そうした方法を通しても知ることができるはずです。

マナーとルール

実際に依頼するときには、やはり当然のこととして、礼儀正しく、丁寧な依頼を心がけましょう。 以前から購読させてもらっていることを伝え、どういった点が良いと思ったか、感銘を受けた点などを伝えるといいでしょう。 事務的な文章ではなく、きちんと心のこもった文面で依頼すれば、大抵の発行者は応じてくれるはずです。

依頼する際に、お互いの発行部数を確認しておくことも重要です。 基本的に相互紹介というのは、同じくらいの発行部数のメルマガ同士で行われるものです。 もちろん、部数が極端に違うメルマガ同士でも、相手が応じてくれさえすればいいのですが、やはり発行部数が多い側のほうが不利になってしまうため、大抵は応じてくれないものです。
そうした場合は、自分のメルマガが同じくらいにまで増えてから依頼するか、もしくは謝礼を支払うことで応じてもらうといった対応が必要でしょう。

いずれにせよ、礼儀正しく、誠実に依頼すること、決して強引にしないことです。 そうした最低限のマナーやエチケットは、ネットビジネスにおいてもとても重要です。

思いがけない展開も…

その相互紹介がきっかけとなって、ビジネス運営者同士で仲良くなることもあります。 近況報告やいろいろな情報交換をしたり、ときにはJV(ジョイント・ベンチャー)を組んで、一緒に何らかのビジネス・キャンペーンをしましょうという話になることもあります。
ネットビジネスは基本的に孤独なものですから、仲間ができるというのはとても楽しいことですし、方向性や気の合う仲間と力を合わせれば、一気にビジネスを加速させることもできるかもしれません。 必ずしもそういう展開になるとも限りませんが、見ず知らずの相手にはじめて連絡を取るときもあまり硬くならず、まずは礼儀正しくも気軽にメールしてみてはいかがでしょうか。 自分が依頼される側になると、同じ運営者から連絡をもらえるというのはなかなか嬉しいサプライズだったりもします。 ですから、あまり気張らず、まずはとにかく行動してみるところからはじめてみませんか。

具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー