本業より稼げる副業・トップ ≫ 情報起業(情報販売)で稼ぐ ≫ マニュアル作成方法−ワープロソフト、PDF作成ソフト

マニュアル作成方法−ワープロソフト、PDF作成ソフト

情報起業にもワープロソフトは不可欠

情報起業をする上で、ノウハウをマニュアル(文書)の形で提供するとしても、音声や動画の形で提供するとしても、商材に関する何らかの説明をしなければなりませんので、PDF文書の作成は必ず必要となります。
つまり、情報起業をするには「ワープロソフト」と「PDF変換ソフト」が必ず必要なのです。
パソコンを持っている方であれば、大抵はワープロソフトもすでにお持ちだと思いますが、最近はオフィスソフトがプリインストールされていないPCも多いですので、そういった場合はワープロソフトの入手が必須となります。

Microsoft Office

一番メジャーなワープロソフトは言わずと知れた「Microsoft Office」ですが、これは定価で買うとおよそ3〜6万円と、懐に余裕がないと手を出しづらいお値段です。
とは言っても世界一のシェアを誇るソフトですし、使い勝手が良く、不具合が最も少ないですから、可能であれば是非とも入手したいソフトではあります。
※「Microsoft Office」を入手したい方はこちらをご覧下さい。

Kingsoft Office

その「Microsoft Office」に勝るとも劣らない優秀なソフトが「Kingsoft Office」です。
このKingsoftはセキュリティソフトでもお馴染みかもしれません。
「Microsoft Officeと表示・編集・操作が同じ」という点を売りにしている通り、見やすさや使い勝手が良く、機能的にもMicrosoft Officeに引けを取りません。
料金もおよそ5千円と有料ではありますが、お手ごろ価格なのがうれしいところです。
もちろん、Microsoft Officeとの互換性もクリアしています。
※「Kingsoft Office」を入手したい方はこちらをご覧下さい。

OpenOffice.org (OOo)

そして、今どんどんシェアを広げているのが無料ソフトの「OpenOffice.org」です。
通称「OOo」という表記のされ方もします。
Microsoft OfficeやKingsoft Officeと比べると互換性・安定性・機能性で劣る面もありますが、普通に使う分にはまったく問題ありません。
むしろ、無償でこれだけ優秀なソフトが提供されていることに感心させられます。
また、かなり頻繁にバージョンアップされており、どんどん改良されているという点も魅力です。
このOpenOffice以外にもオープン系無料ソフトが幾つかありますが、ほとんどがOpenOfficeをベースに作られていますので、とにかく無料のソフトがいいという場合は、OpenOfficeを持っておけば間違いないでしょう。
※「OpenOffice.org」を入手したい方はこちらをご覧下さい。

ワープロソフトと併せて持っておきたいPDF作成ソフト

先ほど紹介した「Kingsoft Office」や「OpenOffice.org」ではPDF変換機能が標準搭載されています。
「Microsoft Office」もMicrosoft Office 2007ではアドインを使用することでPDF変換できますし、Microsoft Office 2010ではPDF変換機能があらかじめ搭載されていますので、これらのオフィスソフトを使用している場合はPDF変換ソフトは必要ありません。

ですが、Microsoft Officeの以前のバージョンを使用されている場合や、何らかの理由でPDF変換できない場合は、別途、専用ソフトが必要となります。
その際は「PDF作成」「PDF変換」などと検索すればいろいろなソフトが見つかりますし、直接「Vector」や「窓の杜」といったソフトウェア紹介サイトで探せば、入手することができます。
ですが、それらのフリーソフトもそれぞれ一長一短で、PDF変換したときにレイアウトが崩れていたり、色が変わってしまっていたりというエラーが起こる場合がありますので、幾つかのソフトを実際に試してみて、自分が気に入ったものを使用することをお勧めします。
そして、1つのソフトだけだと何かトラブルが起きるかもしれませんから、ひとまず2つほどインストールしておくといいでしょう。
参考までに、以下にお勧めのPDF作成ソフトを挙げておきます。

 ●Bullzip PDF Printer
 ●PrimoPDF

Adobe Reader、Acrobat.com

PDFファイルの閲覧には「PDF閲覧ソフト」が必要であり、最もメジャーなのが「Adobe Reader」です。
というか、こちらが本家です。
他にもフリーソフトはたくさんありますし、PDFファイルを直接編集できるソフトなどもありますが、よほどのことがない限り、無償のAdobe Readerがあれば十分でしょう。

そして、意外と知らない人もいるかもしれませんが、このAdobe ReaderでもPDFファイルを作成することができます。
Adobe Readerを開くと、メニュー「ファイル」の中に「Acrobat.comを使用してAbode PDFを作成」という機能があります。 それをクリックすると、Acrobat.comのサイトに接続され、そのサイト上でPDFを作成することができるのです。
Acrobat.comを使用するにはアカウントの作成が必要であり、本家なのになぜかレイアウトが崩れていることもあるのですが、状況に応じてこの機能を利用すると便利かもしれません。

具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー