本業より稼げる副業・トップ ≫ 情報起業(情報販売)で稼ぐ ≫ 情報起業のマインドセット−情報起業で「売れるもの」とは

情報起業のマインドセット−情報起業で「売れるもの」とは

情報起業では何を売ればいいのか

情報起業ではよく「『売りたいもの』ではなく、『売れるもの』を売るべきだ」とか「自分が売りたいものと、実際に売れるものは違う。確実に売れるものを売れば、必ず成功できる」などと言われます。
理屈としては確かにその通りですが、それは「売る」「儲ける」というビジネス的視点に重点を置き過ぎています。

「売る」とか「儲ける」というスタンスではなく、「役に立った対価としてお金を頂く」というのが正しいスタンスです。
つまり、「まず自分が…」ではなく、「まずお客様が…」という意識を持つことです。
自分が客の立場であれば、客のことより金を儲けることしか考えていない人に、汗水流して稼いだ大事なお金を払いたいとは思わないでしょう。

「売る」のではなく、「相手の役に立つ」

我々がまず念頭に置かなければならないのは、「売る」のではなく、「相手の役に立つ」ということです。
そうした真っ当な気持ちを抱いていなければ、稼げたとしても一瞬で終わってしまいますし、結局はすべての人から見放されてしまうことになりますから、本当の意味で成功することは不可能でしょう。

ですから、「事業の経験がない」「人にうまく教えられない」といったことはさておき、「きちんと相手の役に立てる」「相手が望む結果を出せる」ということが起業し、ビジネスを運営していく上での大前提です。
それができなければ、それはビジネスではなく、ただの"詐欺"です。

逆に、「きちんと相手の役に立つ」という条件さえ満たせれば、どのような商材を扱おうが自由です。
特別際立っているものとか、特別人の目を引くものでなくていいのです。
そして、相手の役に立つためには商材の内容はもちろん、それをきちんと分かりやすく説明する力や、相手にやる気を起こさせるスキルなども必要になります。

情熱があるからこそ売れる

上述した通り、情報起業のマニュアルではよく「売りたいものではなく、売れるものを売るべきだ」と、「自分の感情を押し殺すべきだ」というような言われ方がされます。
ビジネスをする上で商材が売れなければ確かに困ってしまいますが、果たして本当にそれだけでいいのでしょうか。

本当に相手の役に立つためには、自分が効果を体感していることや、その商材について論理的に説明できることが不可欠です。
つまり、自分自身が頭と心の両方でその効果を実感し、納得していなければならないのです。

自分の感情を無視した状態でそんなことが可能でしょうか。
そんな状態で気持ちや熱意が相手に伝わるでしょうか。
そんな説明を聞いて、相手は買いたくなるでしょうか。

そもそもビジネスを長く続けるためには、自分自身が情熱を抱けるものでなければなりません。
自分の感情を無視してしまっては、ビジネス自体が続かないのです。
「相手の役に立つ」という条件を踏まえながらも、自分自身の気持ちに目を向けることも重要だということです。

商材決定の具体的な手順

これまで話してきたことを踏まえれば、自分がどのような商材を扱うべきなのか、輪郭は見えてきたと思います。

「相手の役に立てて、かつ、自分が良いと思えるもの」です。

「相手の役に立つ」という条件だけだと範囲が広すぎますが、「自分が良いと思える、自分が情熱を持てる」という条件が加われば、かなり範囲は狭まるのではないでしょうか。
自分が情熱を持てる分野で、ビジネスとして取り組めるものとなると、当然、「人より専門的な知識や情報を持っている分野」ということになります。

あなたは自分が「専門家」と言える分野がありますか?
もし自信を持って「専門家」と言えないのであれば、まずは勉強してから始めて下さい。
中途半端な状態であれば、おそらく相手にきちんと説明ができないでしょうし、気持ちや熱意も伝わらないでしょう。
それに、相手の役に立つこともできないでしょう。
大丈夫です。1年も本気で勉強すれば、かなりの専門家になれると思います。

●まず自分が「人よりできる」「人より詳しい」と思える分野を挙げる
 (とにかく数を挙げてみる、実際にできるかどうかは後から決めればいい)
 (どういうものがあるのかピンとこない場合などは、先に情報収集してからでもOK)
●巷ではどんな商材や情報が出回っているのかリサーチする
 →インターネット(ASP、掲示板、Q&Aサイト)、雑誌、知人に聞く

こうしてリストアップ・リサーチをした上で、どの分野で取り組むか、どういう切り口で売っていくかといった構想を立てていくわけです。

情報起業をはじめる上での重要なポイントとマインドセットまとめ

以下にこのパートで取り上げた情報起業のポイント、商材決定方法、マインドセットなどの要点をまとめて挙げておきます。

  • ●「相手の役に立つ」ことは義務
  • ●「相手の役に立った対価としてお金を頂く」というスタンスが大事
  • ●悩みを解決できるもの、役に立つものなら何でも売れる
  • ●必ずお客の役に立つ商材を扱う
  • ●体系的に、理解しやすく伝えるスキル
  • ●やる気を起こさせるスキル
  • ●自分がそれに関する「専門家」だと言える商材を扱う
  • ●自分がその効果を実感・納得できている商材を扱う
  • ●自分が長く情熱を抱き続けられる商材を扱う
具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー