情報起業(情報販売)とは

情報商材を販売するビジネス

「情報起業」は「情報販売」とも言い、情報商材を販売することにより収益を得るビジネスです。
そして、それら販売者は「情報起業家」「インフォプレナー」と呼ばれます。

情報起業のシステムはダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という手法に基づいており、簡単に言うと「見込み客を集め、直接的に訴求し、意欲を高めてから販売する」という流れで行われます。

情報商材とは

「情報商材」というのは特定のテーマに関する専門的なノウハウをまとめたマニュアルであり、電子書籍(PDF文書)、音声、動画などのファイルをダウンロード形式で提供されるのが一般的です。
また、印刷・パッケージ化し、郵送する形で提供されることもあります。

具体的なマニュアルのテーマとしては「情報起業で稼ぐ方法」「FXで儲ける方法」「モテない男が彼女を作る方法」「確実に痩せられるダイエット方法」といったものが一般的です。
かつては「稼ぐ・儲けるノウハウ」「モテる・恋愛ノウハウ」「ダイエットノウハウ(コンプレックス解消ノウハウ)」の3分野が「売れる3大ノウハウ」などと呼ばれていましたが、今では「スキルアップノウハウ」「ビジネスツール」など、ノウハウ以外のツール・ソフトウェア・サービスなども含めた、ありとあらゆる商材が販売されています。

日本でも情報ビジネス、情報にお金を払うという概念や感覚がだいぶ浸透したこともあり、「情報起業で売れないものはない」と言っても過言ではないほどまでに大きな市場になっています。
情報起業・情報販売は情報やコンテンツを扱うものなので「情報ビジネス」「コンテンツビジネス」という呼ばれ方もされます。

人の悩みを解決するWIN-WINなビジネス

「情報起業(情報販売)」とはビジネス的な言い方をすれば、「情報商材を販売するビジネス」という定義になりますが、本質的には「人の悩みを解決してあげる、人の役に立つためのビジネス」です。
『誰かを助けたい』『誰かの役に立ちたい』『良いものをもっと知ってほしい』という「人への思いやりや愛情」が根底になければなりません。

「相手の役に立った対価としてお金を頂く」 というのが情報起業の真髄です。

この精神をなくしてしまっては、ただ自己満足のために商売しているだけですし、最終的には誰も近寄ってこなくなり、結局本人が収益を得られなくなってしまいます。
情報起業はこうした「他人のサポートをする」という性質があるため、情報起業を行う人の中には「自称コンサルタント」も多く、そうした人たちが販売する商材は「詐欺商材」という呼ばれ方をします。

特別、高度な知識や技術を必要とせず、新規参入しやすいという性質ゆえ、こうしたトラブルが起こりがちなのですが、一度悪い評判が広まってしまうと、ほぼ間違いなく再起不能となります。
ですから最低限、自分自身はそうならないよう慎重にビジネスを行わなければなりません。

情報起業をはじめるために必要なもの

まず、内面的な部分で言うと、真摯な姿勢と他人への思いやり、専門的なノウハウとスキル、プランニングのスキル、マーケティングスキルなどは必要となります。
そうしたビジネススキルはかなり要求されますが、でも最初からすべてを十分に持っていなくても、基本的な知識は勉強さえすれば必要最低限はすぐに身につきます。

ですので最終的には、何よりもその人の人間性が重要であり、真摯にコツコツと努力する人、他人の意見に振り回されず信念を持って突き進む強い意志さえ持っていれば、ほとんどの場合は大丈夫でしょう。

ビジネス環境面で言うと、パソコンとインターネット環境はもちろん、ワープロソフト、PDF作成ソフト、録音ソフト(必要に応じて)、ドメイン、サーバー、メール配信システム、決済システムなどが必要となります。これらも今では安価なサービスも増えていますし、検索すればいろいろなものを見つけることができます。

具体的な起業法・稼ぎ方
情報商材・教材レビュー