本業より稼げる副業・トップ ≫ ネットビジネスコラム ≫ 利便性の向上と、ネットビジネスの加速

利便性の向上と、ネットビジネスの加速

ところで、いきなり何を言うかと思われるかもしれませんが、世の中って便利になったものですね。 時間の経過とともに様々な技術やサービス、それに電化製品などが送り出されてきます。 もちろん、パソコンやネット回線もその例外ではありません。 そして、今ここまでネットビジネスが、「ネットで稼ぐ」という概念とスタイルが定着した大きな要因の1つに、パソコンとネットの普及、および高性能化があることは間違いありません。

日本では2000年ごろからインターネットが普及しはじめ、当初はまだナローバンドでしたが、その後ブロードバンドへと変わり、今では光回線の利用が当たり前となっています。 アパートやマンションでも、光回線がすでに設備として導入されていることも珍しくありません。 そうしてネット回線の高速化により、動画などの重いファイルやページの閲覧もスムーズになり、インターネットの利用範囲が広がりました。

そして、パソコンの価格帯・性能も、この数年で大きく変化しました。 デスクトップかノートかによって事情は異なりますが、当時は一般的なノートパソコンでも10万円を下回るものはまずなく、そこそこ良い性能のノートパソコンを買おうとすると、20万円前後するのが当たり前でした。 しかし、今では10万円出さなくても、むしろ5万円以下でも十分な性能を持ったノートパソコンがたくさんあります。

市場にここまで大きな変動をもたらすきっかけとなったのは、おそらく「ネットブック(ミニPC)」の登場でしょう。 一般的にノートパソコンというと、B5サイズやA4サイズほどのものを指しますが、それよりも小さく、携帯・持ち運びに便利なノートパソコンとして広まったのがネットブックでした。 ネットブック自体は、ネット利用と簡単な作業を目的とするサブPCとして世に送り出されたわけですが、古いパソコンを使っていたユーザからすれば十分すぎるほど高性能であったことや、ネットブックのヘビーユーザが大きく増えたことで、通常のノートパソコンに求められるハードルが高くなり、ノートパソコン自体の価格帯の低下、CPU性能の向上、バッテリー性能の向上などが顕著になりました。

こうした変化が、パソコンとインターネットの利用を、今まで以上に身近なものとした、特に大きな要因であるのは間違いありません。 そして、その恩恵により、ネットビジネスに取り組みやすい環境が整備されたのです。 以前はそこそこ大きな買い物であったパソコンが、今ではわりと気軽に購入できるようになり、また、インターネットが私生活にも深く浸透したことで、ネットビジネスに対する垣根が取り払われました。

そして、一般企業でも自社サイトを運営したり、受注や集客などでインターネットを利用するケースが増えているので、それがネットビジネスだという自覚はなくても、自然と身近なものになってきているのです。 自分ではそういう捉え方をしていなくても、実際には、ネットビジネスをするのと変わらない作業をしている人がどんどん増えています。 そうした人たちは、あとはノウハウやコツをきちんと学びさえすれば、すぐにネットで起業することができるでしょう。 事実、毎日会社でパソコンやインターネットに触れているうちにネットビジネスに興味を持ち、それに関する情報を探すようになった人たちを見かけることがあります。

まだしばらくは副業ブームが続くでしょうし、景気がすぐに好転することも考えにくいですから、今後さらにネットビジネスが浸透していくことでしょう。 これからどんな動きがあるのか、ネットビジネスによって自分の理想を実現できる人がどれほど現れるか、非常に楽しみです。

具体的な起業法・稼ぎ方