本業より稼げる副業・トップ ≫ アフィリエイトで稼ぐ方法 ≫ Google AdSence(グーグル・アドセンス)

Google AdSence(グーグル・アドセンス)

Google AdSence(グーグル・アドセンス)は、Google(グーグル)が提供している、広告がクリックされるたびに報酬が入るクリック型広告です。 Google AdWords(グーグル・アドワーズ)と混同しがちですが、Google AdWordsは広告出稿(集客、アクセスアップ)、Google AdSenceは広告掲載(報酬獲得)です。

Google AdSenceは、自分のサイトかブログを持っていれば、すぐにはじめることができます。 登録して、広告を掲載するだけです。 ここで簡単にGoogle AdSenceの特徴を説明します。

広告選びなどの面倒な作業が必要ない

Google AdSenceは、サイトに専用のタグを貼り付けるだけで掲載することができ、物販系アフィリエイトや情報商材アフィリエイトのように、広告・商材を選ぶ手間がかかりません。 Google AdSenceのシステムが、そのページの内容を読み取り、それに合った広告を自動的に表示してくれるのです。 広告を選ぶ手間がいらず、ただタグをはるだけで作業が済んでしまうのはこうした理由からです。 しかし、実際には内容と合っていない広告が表示されてしまうこともよくあります。 ですが、広告管理の手間がかからないというのはやはり、嬉しいポイントではあります。

クリックされれば報酬が入る

一般的なアフィリエイトは、広告をクリックした先のページで、申込や購入など、見込み客が何らかのアクションをしたときに報酬が発生します。 これは成果報酬型と呼ばれます。 それに対しGoogle AdSenceは、広告がクリックされた時点で報酬が発生する、クリック報酬型です。 つまり、報酬発生のハードルが低く、稼ぎやすい仕組みになっているのです。
ですが当然、成果報酬型と比べると、報酬単価はかなり低くなります。 成果報酬型の場合、報酬単価は数百円から、なかには1万円を超えるものもありますが、Google AdSenceの報酬単価は、高いものでも数十円程度です。 報酬単価は低いですが、クリック誘導だけで稼げる効率の良さがGoogle AdSenceのひとつの特徴ということになります。 それでGoogle AdSenceで稼ぐには、いかにたくさんアクセスを集めるかが最大のポイントとなります。

Google AdSenceの実践的な取り組み方と注意点

上述したように、Google AdSenceで稼ぐには、クリックさえされれば報酬が発生するわけですから、いかに多くアクセスを集めるかが重要です。 言い換えると、たくさんのアクセスを集めることさえできれば、Google AdSenceは非常に稼ぎやすいアフィリエイト・プログラムと言えます。

しかし、ひとつだけ注意点があって、報酬が増えすぎるとアカウントを停止されてしまうケースがあるようです。 そのラインが5〜10万円ほどと言われています。 アカウントが停止されてしまうと、当然、収入が一気になくなってしまいますので、報酬が増えてきた場合は、アクセス数を調整するなどの対応が必要です。

もし、もっと稼ぎたい場合には、物販系アフィリエイトや情報商材アフィリエイトなど、別のアフィリエイトに切り替えるのがいいでしょう。 それだけのアクセスがあるメディアを所有していれば、いろいろな稼ぎ方ができるはずです。

具体的な起業法・稼ぎ方