本業より稼げる副業・トップ ≫ アフィリエイトで稼ぐ方法 ≫ ブログアフィリエイトで稼ぐコツと実践手順

ブログアフィリエイトで稼ぐコツと実践手順

ブログアフィリエイトの実践手順はサイトアフィリエイトと基本的に同様で、ページ・記事を作成し、そこにアフィリエイトリンクや広告をはり、どんどんアクセスを集めるという流れです。 そして、そのアフィリエイトリンクや広告経由で売上が発生すれば、報酬が入るという仕組みになっています。

まず、ブログアフィリエイトの具体的な手順と流れは以下のようになります。
(ここでは物販系アフィリエイトでの手順を示します。)

  • ●好きなブログサービスを選び、自分のブログを開設する
  • ●まず準備として、記事を10コほど投稿する(日記や趣味など自由な内容でOK)
  • ●使用するASPを選び、アフィリエイター登録する
  • ●ASPの中から扱いたい商材や広告を選ぶ(アフィリエイトリンクの生成)
  • ●その商材に関する、自分なりの紹介コメントや解説を書く
  • ●商材と紹介コメントを1セットとして、記事を投稿する
  • ●日記など通常の記事も含めながら、紹介記事をどんどん増やしていく
  • ●記事が増えるにつれ、アクセスも増え、徐々に報酬が増えていく

ブログを用意し、商材を掲載しただけではすぐに収入は入りません。 まとまったアクセスを集めるには、一定数以上の記事が必要です。 ですので、それまではとにかくひたすら記事を書き続けなければなりません。 この時期が一番「面倒くさい」「つまらない」と感じるかもしれません。

しかし、ある一定ラインを超えると、放っておいても勝手にアクセスが集まり、自動的に収入が入るようになります。 ですから、最初はあまり力まず、気楽にのんびり取り組んで下さい。 ツボを押さえてコツコツ取り組んでいれば、投稿のペースにもよりますが2〜3ヶ月後くらいには成果が見えてくるでしょう。 早い人なら1ヶ月ほどでも結果を出せるかもしれません。

ブログはメディアのタイプとしては「プル型」に属します。 つまり、「押し」ではなく「待ち」のメディアなのです。 これは自分から読者に訴えかけることができず、読者が自分の意思で訪問してくれるのを待つしかないということです。 しかし、読者自身の意思で訪問される分、興味や関心の度合いが高いというのがメリットです。

ブログは記事を投稿するだけで、簡単に運営できるわけですが、その延長線で、広告や商材を掲載するだけで、すぐ簡単にアフィリエイトをはじめることができます。 しかし、ブログアフィリエイトで実際に収入を得るには「アクセス数」と「記事の質」が2つがカギとなります。

まずはアクセスを集める

十分なアクセスを集めるためには十分なコンテンツ量が必要、つまり、記事の量を増やす必要があります。 最低でも20〜30記事は必要です。 さらに、他の競合ブログ・競合サイトに勝つことを考えるなら100記事以上は必要になるでしょう。 記事・文章量が多いほど検索にかかりやすく、ユーザの滞在時間が増え、訴求力が増すといった要因があるためです。
それに単純に記事が多い、長く運営しているということだけでも、ユーザの信頼性を高めることができます。 アフィリエイトにおける記事の投稿は、「1商材につき1記事、1つのネタにつき1記事」というのが基本原則で、長文である必要はありませんから、少し頑張れば30記事くらいはあっという間に達成できるでしょう。

実践手順として、スムーズに収入を得ることを考えるなら、アフィリエイトをはじめる前に、まずは記事を増やしてコンテンツを充実させたほうがいいでしょう。 そのほうが効率良く、スムーズにアフィリエイト活動を進めることができます。 先に商材を掲載してから記事の投稿をはじめると、「まだ売れない…、まだ売れない…」という不満とストレスが大きくなってしまいます。 しかし、はじめは記事の投稿だけに集中し、十分なアクセスを確保できるようになったところで商材の掲載をはじめれば、そうしたストレスが軽減され、アフィリエイト活動自体もスムーズに進められるはずです。
報酬が入るようになるまでがしんどく感じるものですが、この下準備をどれだけしっかり行うかで、報酬が入る早さと大きさが決まります。 後になるほど作業は楽になっていきますから、まずはコツコツと記事を増やしていきましょう。

記事の質を高め、成約率を上げる

記事を増やし、アクセスを増やすことも大事ですが、当然のことながら見込み客にアクションを起こしてもらわなければ、報酬は得られません。 だからと言って、むやみに商材や広告を掲載しまくっても、売り込みや報酬目的であることがバレて敬遠されてしまいます。 そもそも今のネットユーザはアフィリエイトリンクや広告に敏感であり、それがコンテンツなのか宣伝なのかくらいはすぐに見抜いてしまいます。 アフィリエイトリンクをクリックさせるだけでも難しくなっているのです。
では、どうしたらいいのでしょうか。 ここで一つ例を挙げてみます。

とあるラーメン屋があります。 そのラーメン屋から毎日売り込みのチラシが届き、「来てくれ!来てくれ!」と騒がれたら、あなたはどう思いますか? おそらく、とてもそのラーメン屋に行きたいとは思えないでしょう。

逆に、ある別のラーメン屋があり、そこのラーメンについて友人から話を聞いたとします。 「こないだあそこのラーメン屋に行ったんだけど、すげぇうまかったぁ〜。 1週間煮込んだ豚骨でダシを取ってて、それが麺とよくからんでてさぁ〜。 しかも、そこのチャーシューがめちゃくちゃウマいんだけど、なんか聞いた話によると、店の主人が中国で5年間修行して作ったチャーシューなんだって。 あのラーメン食べたら、もう他の店には行けないわぁ〜。」 などと言ったとします。 仲の良い友人ですから、別に売り込みや宣伝はしないでしょう。 しかし、そこの様子や感想を詳しく聞かされれば、「へぇ〜、話のネタに一度くらい行ってみようかな」くらいには少なくとも思うのではないでしょうか。 さっそく、「マジで?じゃ、今度一緒に行こうぜ!」といった流れになることも多いでしょう。

これと同じことがアフィリエイトにも言えます。

  • ●売り込みはしない
  • ●内容やメリットを分かりやすく伝える

これがアフィリエイトで成功するためのポイントです。

「ビジネスをする」「売らなければいけない」「収入が欲しい」などと考えると、つい力が入り、ビジネス的な接し方になりがちですが、セールスマンや販売員が毛嫌いされるように、それではうまくいきません。 スタンスはあくまでも「口コミ」です。 感じたことや良かったことをただ伝えるだけで、押し付けや無理強いはしないのです。

じゃあ何もしないのかというと、もちろんそういうわけではありません。 自分が感じた良かったポイントを、分かりやすく簡潔に伝えるのです。 相手の心をくすぐりそうなポイントをささやくのです。 先ほどのラーメン屋の例を思い出して下さい。 あなたもこれまでに自分が買ったもの、行った場所、見たものなど、感動したことや良かったことを誰かに伝えたくなったことが少なからずあるのではないでしょうか。 「ちょっと聞いてよ!こないださぁ…」などと、友人に自分の高まる気持ちを訴えたことがあるのではないでしょうか。 まさにそのような感覚です。
アフィリエイトとは「口コミ」なのです。

具体的な起業法・稼ぎ方