本業より稼げる副業・トップ ≫ アフィリエイトで稼ぐ方法 ≫ サイトアフィリエイトのメリット・デメリット

サイトアフィリエイトのメリット・デメリット

ここで取り上げる「サイトアフィリエイト」とは、正真正銘、HTMLとCSSにより作成されたサイトを使ったアフィリエイトのことです。 アフィリエイトというと、どうしてもブログかメルマガの印象が強いですが、最近になり「サイトアフィリエイト」という言葉を多く耳にするようになりました。 しかし、それらのほとんどは表向きには「サイトアフィリエイト」と言っても、実際にはWordpress(ワードプレス)を使ったブログアフィリエイトだったりすることがよくあります。

こうした現状を見ると、「サイトはアフィリエイトに向かないのか」などと思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。 基本的には、自分でサイトを作れなければいけないことがネックになるだけです。 しかし、サイトはカスタマイズ性が高いですし、管理もしやすいので、長期的に見れば非常に有効かつ強力なメディアであることは間違いありません。

とは言っても、どのメディアを使うかは用途や好みによって変わりますから、その性質を理解した上で自分で選ばなければなりません。 それでこのパートではサイトそのものの性質について取り上げようと思います。

サイトのメリット

カスタマイズが自由にできる

サイトはHTMLとCSSを使い、コンテンツはもちろん、ページそのものもすべて自分で作成しますので、デザイン・レイアウト・サイト構成をすべて自分の思い通りに編集することができます。 これはユーザビリティを向上したり、見込み客へ強く訴求するために非常に重要であり、収益の大きさに直結する問題です。 どこに何を配置するか、どういうメニュー構成にするか、販売ページや申込フォームにはどう誘導させるかなど、すべてを自由に作成できます。 ブログでもまったくできないわけではありませんが、ブログはそもそも日記のような、記事を投稿することを前提とされたものであり、こうした点での使い勝手の差は歴然です。

実際の編集作業においても、全ページに共通するデザインはCSSで一括編集できますし、ヘッダー・フッター・メニューなどの共通するパーツも、作成ソフトの置換機能を使えば一括で編集することができます。 ですので、サイトの規模が大きくなるほど、編集・管理のしやすさに大きな違いが生まれることになります。

SEOに強い

1つの傾向として、サイトは初期アクセスが集めにくいという弱点がありますが、逆に、長期的に見ればサイトのほうが安定して、大きくアクセスを集めることができます。
ブログは、検索サイトの検索メニューを見れば分かるとおり、ブログ検索が別項目になっていますし、そもそも検索エンジンにより上位表示されにくくされています。 そのようにブログは、様々な制限があったり、仮に上位表示できたとしても、急激な変動がおきやすく、とても不安定なのです。

しかし、サイトに関してはそうした制限や不利な要因がありません。 場合によってはアルゴリズムの変化による影響を受けることもありますが、急激な変動があるのは裏技的な手法でSEOをしたサイトだけであって、正しいSEO施策をしていれば、そこまで大きなダメージを受けることはありません。 正攻法できちんとサイトを作り上げれば、検索エンジンからの高く評価され、安定的にアクセスアップさせることができます。
そして、検索エンジンから高い評価を受けるサイト作りをするということは、利用者にとっても見やすく、使いやすいサイト作りをすることになるので、結果的にユーザビリティや成約率の向上にもつながります。 そうして最終的には、利用者、検索エンジン、他メディア・サービスからの信頼も高まり、安定的に、大きなアクセスを呼び込むことが可能となるのです。

確実な資産になる

サイトは自分でコンテンツやページを作成し、それをインターネット上にアップロードするので、コンテンツやファイルがすべて手元に残ります。 仮にサーバーが使えなくなっても、また別のサーバーを用意すればいいだけですので、すぐにサイトを復元することができますし、SEOのサイトパワーが消えてしまうこともありません。
しかし、ブログはファイルやドメインを自分で管理できるわけではないので、そのブログサービスが利用停止になったら、それまで作り上げたメディアもすべてなくなってしまいます。 何十ページ・何百ページと作り上げ、毎月数万円稼げるメディアにまで育っていたとしても、ブログサービスが使えなくなったら、自分の資産をすべて失うことになるのです。 これは極めて大きなリスクといえます。

その点サイトは、すべてを自分で管理できますから、資産を失うというリスクがありません。 メディアが大きくなるほど、収益が大きくなるほど、これは特に重要なポイントとなります。 半永久的に自分の資産にすることができ、かつ、育て上げれば不労収入をも可能にしてくれる貴重な資産なのです。

サイトのデメリット

HTML・CSSの知識と技術(WEB制作スキル)が必要

まず当然のことながら、サイトを使ってアフィリエイトをするには、自分でサイトを作る技術が必要です。 多くの人がサイトアフィリエイトに抵抗を感じる主な原因はおそらくこれでしょう。 アフィリエイトをはじめる人というのは、大部分が一般の会社員やフリーター、つまり、ネットビジネス初心者が圧倒的に多いのです。
多少サイトを作ったり、触ったことはあるとしても、一般のサイトとアフィリエイト用のサイトでは勝手が違いますし、ゼロの状態から自分でコンセプトや構想を練って作った経験のある人はまずいないはずです。 「ただ作る」というのと、「運営する」というのはまったくの別物です。

しかし、「サイトを作る」ということだけにフォーカスするなら、決して難しすぎる作業ではありません。 そもそもコンセプトを考えたり、戦略を練ることなどは、サイトに限らず、どのメディアを使っても必ずしなければならないことです。 検索するなどして探せば、無料テンプレートや無料作成ソフトは簡単に手に入りますし、タグやコーディング方法を解説したサイトもたくさんあります。 それらを活用すれば、独学でもわりと早く、かつ無料で、自分でサイトを作れるようになるはずです。
もしそれでも大変だということであれば、ホームページビルダーなど、HTML記述をしなくてもヴィジュアル的・直接的に編集ができるWYSIWYG系のサイト作成ソフトを使うといいでしょう。 それならば、タグもコーディング方法も知らなくても、誰でも簡単に自分のサイトを作ることができます。

ドメインやサーバーのコストがかかる

サイトを運営するには、当然、ドメインとサーバーが必要です。 ドメインというのはアドレス・URLのことであり、サーバーというのはネット上にサイトを公開するためのスペースのようなものです。 家にたとえるなら、ドメインが住所、サーバーが土地、サイトが家そのもの、といった感じです。

ドメインは通常、年間1,000〜2,000円ほど、サーバーは年間5,000〜10,000円ほどというのが一般的な相場です。 探せばもっと安いサービスもなかにはあります。 年間でこの金額ですから、コストがかかるとは言っても決して高い金額ではないと思います。 客観的に見てもそうですし、リアルビジネスで店舗を持ったり、テナントを借りたりすることに比べれば圧倒的な違いです。 この程度のコストで自分のビジネスを運営できるわけですから、コストと呼ぶほどの金額ではないことは容易に理解できるでしょう。

初期アクセス誘導の手間がかかる

サイトの運営をはじめたばかりのときというのは、基本的にどこからもアクセスは来ません。 まだ検索エンジンにも認識されていないので、検索経由でアクセスが来ることもありませんし、どこかからリンクをはったり、広告を使ったりしなければアクセスを呼び込むことができません。 ブログはブログサービス自体からのアクセスがありますし、メルマガは読者がいて送るものです。 しかし、サイトに関してはそれがありません。 サイトを公開したばかりのときというのは、アクセスを呼ぶ導線が何もない状態なのです。

ですから、できるだけ早く検索エンジンに認識してもらい、なるべく検索結果の上位に表示されるよう施策したり、何らかのメディアや広告を使って、アクセス誘導をする手間が必要になります。 こうした点がネットビジネス初心者にとって、サイトが扱いづらく感じる要因のひとつになっているのでしょう。
しかし、違うのはあくまでも「初期アクセス」です。 サイトではなくブログを使えば楽にアクセスが集まるのかというと決してそういうわけではありませんし、むしろ、将来的に見れば、サイトのほうが安定してアクセス誘導できるというメリットがあります。

サイトの性質まとめ

カスタマイズ性、SEOの安定性、資産としての確実性という3つの重要なポイントを考えると、メインに使うメディアとしてはブログよりもサイトのほうが向いていると思います。 自分でHTML・CSSコーディングができるなら特にそうですし、今はHTML・CSSを使えないとしても、できるだけ自分でサイト制作できるスキルを身につけていただきたいところです。 それが難しいのであれば、直接的に編集ができるホームページビルダーやWYSIWYG系ソフトを使って、サイト制作ができるように頑張ってみてください。
結局のところ、サイトが一番扱いやすく、対応の幅が広く、ユーザビリティや信頼性も高い、まさに万能のメディアなのです。

ですが、最終的にどのメディアを使うかは、自分の好みと方針しだいです。 それぞれの性質を理解した上で、自分に合ったものを利用してください。 もちろ、サイト・ブログ・メルマガのすべてを併用することが一番望ましいのは言うまでもありません。

具体的な起業法・稼ぎ方